« ◆柴草玲/遠峰あこ@横浜FRIDAY 11/24 | トップページ | ★少年アヤ from[安東和之のボーイズ展]@渋谷ミームマシンギャラリー 12/4 »

2010年12月 6日 (月)

◆竹内まりや LIVE 2010 「souvenir again」@日本武道館 12/3

◆竹内まりや LIVE 2010 「souvenir again」Opening Act:BOX@日本武道館 12/3

竹内まりや(Vo,G,Pf)
山下達郎(G)小笠原拓海(Dr)伊藤広規(B)難波弘之(Pf)柴田俊文(Key)佐橋佳幸(G)土岐英史(Sax)国分友里惠(Cho)佐々木久美(Cho)三谷泰弘(Cho)

Opening Act:BOX(私は途中入場)
(Vo&G:杉真理、Vo&G:松尾清憲、B&Vo:小室和幸、G:田上正和、Dr:島村英二、KB:小泉信彦)

人生には、「運」ってものがあると。それは思います。同じ大学の先輩なんだなあとか思いながら、そんなことを感じてしまうのは、やっぱり、彼女がこうして輝いているのが、あまりに必然に感じられたからでもあります。・・・でもね、彼女が、人並み外れた「幸運」に恵まれていて、「不運」の少ない人だったって、そういう風には思わない。そうであるなら、こういう深みのある作品、こういう心遣いのあたたかいコンサートが、出来るはずがない。いろいろなご経験が、そうさせているのだろう。

では、なにが違うのか。やっぱり、彼女は、「肯定感」がすごい。今日、改めて、それを感じた。恐らく、困難に対しても。「YES」に溢れた世界。3枚組ベスト盤『エクスプレッションズ』に山下達郎さんが載せていたコメントの通り、彼女の、人生を信じる力、人間を信じる力が、彼女の表現を力強く支えている。本当に素晴らしいと思いました。

「人生の扉」の最後の一節にあるとおりだ。何度聴いても、今も、涙が出てしまう。今日も、本編最後に。素晴らしかった。

 I say it's sad to get weak.
 You say it's hard to get older.
 And they say that life has no meaning.
 But I still believe it's worth living.

10年ぶりのコンサート。その前が更に18年前ということだから、約30年でわずか二回のセット。その今年、歌われた曲には、自作にたっぷり素晴らしい曲が、この10年も新たにあるというのに、「ピーチパイ」「セプテンバー」は勿論、松本隆/林哲司の「象牙海岸」や、松本隆/安部恭弘の「五線紙」など、シンガー時代の懐かしい曲も選曲されていて、ご自身のキャリアを俯瞰される視野をいつもバランスよくもっていらっしゃる方であること、そして、自らが独力のみでここにいるのではないことを、心底感じておられる「感謝する人」なのだと、伝わった。

今日もMCでおっしゃっていたが「自分より100倍才能のある音楽家が、うちにはいるわけで、彼の音楽活動中心で、家庭を成り立たせていってる」と公言、「シンガーソング専業主婦」の道を喜んで進まれている彼女。しかも、自分が結婚して家庭を持ってもこうしてマイペースな音楽活動が出来るのは夫・山下達郎のおかげとしか言いようがないとも。・・・こんな夫婦もあるんだなあって、羨ましくもあり、そう感じた段階で、こちらは、深く傷ついていることに思い至る。まあ、いいさ。これからだ。困難であるなら、そうであるが故に。

いろいろ、思うところ、たくさんあったけれど、なんと幸せな夜だったことかと。煎じ詰めれば、その一言だ。まりやさん。本当に、ありがとうございました。

55歳。純白の衣装をまとった彼女が、とびきり美しかったのは、もう書くまでもないでしょう。こんな綺麗な人がいるんだなあと、思った。魅力にクラクラした。いのちのちから。ずっと記憶に深く残りそうな、スペシャルな一夜となりました。

セットリスト(頂き物)

1. 家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)
2. マージービートで唄わせて
3. 毎日がスペシャル
4. 象牙海岸
5. 告白
6. 僕の街へ
7. 元気を出して
8. 五線紙
9. ウィスキーが、お好きでしょ
10. みんなひとり
11. 駅
12. プラスティック・ラブ
13. チャンスの前髪
14. J-BOY
15. 人生の扉
---Encore---
16. すてきなホリディ
17. アンフィシアターの夜
18. 不思議なピーチパイ~September
19. いのちの歌

※(wikiより)・・・基本的に竹内がライブをやらない理由は、「子育てや家庭を優先するため、やらなかった」と明言しており、夫・山下による規制や遠慮ではなかった。以前インタビューで、「達郎が『ライブは、やるな』と言っているとか、『達郎に遠慮している』とか言われているけど、私がライブをやりたくなったら、達郎がなんと言おうと、私はやるって! 本当にやりたくないから、今はやらないだけ」と答えている。・・・

そういう彼女が、東京FMやケンタッキーの周年事業の絡みで、ライブをやる気になった瞬間に立ち会えたという、これもまた人生の幸運。感謝の一夜でした。

« ◆柴草玲/遠峰あこ@横浜FRIDAY 11/24 | トップページ | ★少年アヤ from[安東和之のボーイズ展]@渋谷ミームマシンギャラリー 12/4 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558676/50226027

この記事へのトラックバック一覧です: ◆竹内まりや LIVE 2010 「souvenir again」@日本武道館 12/3:

« ◆柴草玲/遠峰あこ@横浜FRIDAY 11/24 | トップページ | ★少年アヤ from[安東和之のボーイズ展]@渋谷ミームマシンギャラリー 12/4 »

Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント