« ◆「両手に花」渋谷毅(P)金子マリ(Vo)小川美潮(Vo)@新所沢スワン 2/5 | トップページ | ★少年アヤ from 「わくわくSHIBUYA」@トーキョーワンダーサイト(渋谷) 2/9 »

2011年2月 8日 (火)

◆布川洋輔(pf):ふるさとふれあいバレンタインコンサート@栃木市大平文化会館ロビー特設ステージ 2/6

かつて橋本治は、自著で名言を残していて、(彼の名言は沢山ありますが)たしかこんな内容。

「今の日本は、自分しかない女と、自分以外しかない男で出来上がってる」というような言葉。

「女」が自分しかないのかどうかは、よくわかりません。でも、「男」は「自分の周り」ばっかりで「自分」を置いてきぼりにしてしまったってことは、当時、ものすごく共感した。「男」ったって、まあ、俺のことであり、俺の周辺のビジネスマン達のことについてなんだけど。

でもさ、そんな生き方になっていても、どうにかこうにか掬い上げる「自分」、或いは、どうしようもなくそこには自分も生きているってところが、曲がりなりにもあって、そこでは、まずもって、第一に、自分が大切にされているような気もしている。それは、今は、ある種の美しい音楽にとりつかれている姿くらいのものなんだけど。

ところが、じゃあ、そうやって、しがらみだらけの人生を、どうにか処理して、残した時間で、エイヤってライブを聴きに行って、でも、「両手に花」の日記に書いた通りなんだけど、終わってしまえば、寂しさはつのってしまう。やっぱり、自分だけ喜ばすって、俺はどうもダメ。結局、居心地が悪い。そんなことを、両手に花の翌日、母のお供で、市民会館に、クラシックのピアノ・コンサートを聴きに行って、改めて感じた。

母は74歳。大事にしたい。でも、なかなか、思うように時間を取れない。自分をどっかに持っていってしまった私だから、親孝行しようと、家に入って、仕事もしているし、両親の家の向かいに家も建てて住んでる。娘の為に何が出来るか、家内のご機嫌はどうか、最近は家庭は家事労働の場所だ、見事にカジメンな私。そして、母の喜ぶ顔が見たい、父のご期待にも出来ることなら沿いたい、社員とその家族のことに至っては、今の働き甲斐や給与水準に始まって将来の生計に関する不安まで、気にかけてないったらウソだ。そして、お客様。よくもまあ、「他人」「他人」「他人」・・・で構成した人生だと思う。

そして、そういう人生は、実は、あんまり美しくないなあと思っている。自分しかない人生も困ったものだと、ときに感じるけれど、そういう風に生きたなら、きっと、もっとやれることは広がるんではないの、と自問したりもするわけだ。青臭い話ですが、まあ、そんな人生もあるわけよ。

それで、日曜日、ピアノの先生からチケットを頂いたけど、一緒に行く人がいないという母に、じゃあ、俺が一緒にいくよと、声をかけたところ、母は大層喜んで、少女のような笑顔を見せた。

◆布川洋輔 ピアノコンサート:ふるさとふれあいバレンタインコンサート@栃木市大平文化会館ロビー特設ステージ 2/6            
 となりのトトロ、シブリ作品メドレー
 ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
 シューマン:アラベスク OP18
 ヒナステラ:ピアノソナタ 第1番 OP22
 ★飲み物、チョコレート付
 
ピアノってやっぱりいいなと、正直思った。特に、「亡き王女のためのパヴァーヌ」やシューマンの「アラベスク」というお馴染みの曲に続いて、ヒナステラのピアノソナタ第一番を初めて聴かせてもらい、ドゥダメルに感じた躍動感と同じような快感が、その曲にあったこと、そして、ピアノが打楽器であったことを思い起こさせる演奏で、大変、痛快な思いに至った。布川洋輔さんって、地元出身の、パリ・エコールノルマル音楽院在学中の学生さんらしいんだけど、ピアノを弾く「洋輔さん」であれば、さすがに山下洋輔さんのことを意識したことはあるだろう。フリージャズを思わせるような力強い演奏で、ヒナステラ(アルゼンチンの作曲家 1916年生)なんて滅多に聴けないけど、結構ガツンと来て、すっかり楽しんでしまった。

母には、2年ほど前になるかな、グランド・ピアノをプレゼントしたのだ。それから、毎日、練習しているそうだ。70の手習い。一回だけ、渋谷毅さんと華乃家ケイさんのライブ@なってるハウスに、連れて行ったことがある。懐メロたくさん。とても喜んでくれた。ケイさんに、おひねりを置いていこうとしていたので、慌てて止めた。とめなくてよかったのかな?

まあ、よかった。今日も。・・・どうかなあ?「自分以外」しかないような人生も、やっぱり、悪いもんでもないさと、こういう日ばかりは、思うんだ。

帰宅して、日曜深夜は、「柴草玲のイヌラジ」を、FM栃木で。先日、収録にお邪魔して、そのあと新年会にしたのだけど、そのとき、玲さんのかつての名曲「マシェール」をライブで聴きたいって話してあったのだけど、なんと、今夜の放送で、「個人的にリクエスト頂いたので」って、イヌラジ小唄のコーナーで歌って下さった。最高!うれしい週末になった。・・・先日の収録の際には、同じイヌラジ小唄のコーナー、私の目の前で、新曲「銀座でコーヒー飲もうよ」を歌ってくださったんだけど、その曲の最後に「Baby わかるかな?」って繰り返して下さって、古澤良治郎さんの追悼になっていた。本当にぐっと来てしまった。心から拍手。・・・いい人生、送れているような気もしてしまう。・・・そういうことにしよう。

アマゾンで、グスターポ・ドゥダメルの「フィエスタ」を注文。ヒナステラの曲が入っているから。ドゥダメル、初期の録音からヒナステラの曲を残していたんだ!!・・・こうやって、「自分」と「自分の周辺」がつながる。そういう瞬間は、本当に面白いなって、思っている。それも、こんな人生ならではかもしれないな。

« ◆「両手に花」渋谷毅(P)金子マリ(Vo)小川美潮(Vo)@新所沢スワン 2/5 | トップページ | ★少年アヤ from 「わくわくSHIBUYA」@トーキョーワンダーサイト(渋谷) 2/9 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558676/50812332

この記事へのトラックバック一覧です: ◆布川洋輔(pf):ふるさとふれあいバレンタインコンサート@栃木市大平文化会館ロビー特設ステージ 2/6:

« ◆「両手に花」渋谷毅(P)金子マリ(Vo)小川美潮(Vo)@新所沢スワン 2/5 | トップページ | ★少年アヤ from 「わくわくSHIBUYA」@トーキョーワンダーサイト(渋谷) 2/9 »

Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント